Cosset-Bags


by cosset-cosset
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ロングテールのススメ(コゼット的見解)

最近 ロングテールがアツい。
流行ってほしいなあと思いつつ、流行らない現状。みんな興味はあるらしく、愛車に乗って出歩くと「これ おじさん初めて見たよ。めずらしいねえ。」と話しかけられます。
そりゃ めずらしいでしょう。
恥ずかしいのでニコッと笑い返します。

コレは便利や、すごいねえと言ってくれるけれど、みんな仲間になってくれない。
一人で「コレはいい コレはいい」と言ってても、いつまでたっても目立ちます。
なので、コゼット的見解によるロングテールの勧め。

まず、ロングテールであるための一番重要な部分。ロングテール。これはXtracycle社のモノをおすすめすることを前提とします。

1 便利便利と言われるロングテール、お得な感じで手に入れたい方。
Xtracycle社のradishをお勧めします。

  
e0149587_13195880.jpg

↑参考写真。
お値段18万円ほど。
いわゆるママチャリ仕様で、泥よけもギアチェンジも、夜道でペダルを回せば勝手にペダルのサイドがピカピカ光ります。
コレはXtracycle社がやっと出した完成車。
ママチャリ仕様で、女性向けのラディッシュ。重心低めで安定感があります。
ハンドル位置も上目なので、視界良好。肩が凝りません。


2 がっつりいきたいねん。という方。
 SURLYから出てる 言わずとしれたビッグダミーをお勧めします。
e0149587_1328244.jpg

Xtracycle社の出すロングテール部分と、SURLYの英知の詰まった自転車を、SURLYクルーが見事一体型させました。溶接部分も強固に、そして、荷物を載せてもいかに安定感を出すかにこだわった一台。
これ、スゴいらしいです。
コレに乗ってトレイルをガタガタ行っても平気。のぼりも後ろに長いしっぽを携えてるストレスなく走るそうです。
コレをうっかり買ってしまった京都のカリスマはその感動を電話にて 伝えてくれました。
SURLYクルーが安定感を出すためにBB取り付け位置5mmにこだわった力作です。


3  完成車はもう要らないけれど、でもロングテールが欲しい という方。
 *自前のMTBかロード シクロなどがある方*
Xtracycle社から出てるFreeRadicalKitをお勧めします。
いわゆるロングテール部分のみ。
e0149587_13364029.jpg
e0149587_13365750.jpg

こんな感じでお手持ちの自転車に取り付けられます。
お値段、確か7万円から8万円くらい。
チェーンとブレーキワイヤを長い物に交換しなくてはならないですが、一番お手軽でしょう。
私の場合、シングルのマウンテンバイク(1×1)に装着してますが、多段化出来ます。
フリーラディカルキットは自分で取り付けられますが、お店で取り付けてもらう事をお勧めします。

でも、やっぱビッグダミーやラディッシュみたく自転車とシッポを溶接してある訳ではないので、めっちゃめっちゃ重い物を乗せてるとき、ふらつきます。でも、上半身をメインとし、カラダを鍛えればクリアできる問題かもしれません。



ロングテールを手に入れるには以上この3つの方法があります。
どの自転車にもXtracycle社のバッグがついてきます。
私は自転車バッグ屋として、Xtracycleの代表者に聞きました。
「私はカバンを作って生計をたてています。Youのつくる後ろのカバン、よく出来すぎてて、困ります。なぜあんなに完成された作りなのですか?」
すると、
「これはね、オレが1997年から作ってて、色んなヒトの色んな意見を取り入れてるからだよ」
と。
「97年!私はそのときまだ高校生だよ。話につきあってくれてありがとう」


今年で12年目。仕様はまだ変化をとげているそうです。
でもやっぱ完成されてます。
もちろんキットの枠組みも同じです。


近くの自転車店で取り扱いがあるかは代理店であるモトクロスインターナショナルへお問い合わせを。



自転車移動をメインにしているヒトならば、これ一台で生活が変わります。
SURLYのマネージャーであるピーターは言います。
「これはそんなに流行る自転車じゃないけれど、これが存在する事が大切なんだ」と。(いいように要約してます)
SURLYの海外マーケットを担当するジョンは言います。
「いっぱい自転車持ってるけれど、どれか一つだけを残せ と言われたら間違いなくこの自転車だね。」と。(同じくいいように要約)
ピストバイクみたいに流行る自転車じゃないし、誰でも彼でも買える自転車でもない。
でも、一台あれば生活がゆたかになったという気持ちになります。
[PR]
by cosset-cosset | 2009-08-22 13:57